名古屋防犯カメラセンター

防犯カメラ老人ホームでの販売・設置実績


老人ホームでの防犯カメラ販売

最近、非常に増えたのが老人ホームでの防犯カメラ設置工事です。老人ホームや介護の現場で起こる様々な事件が、防犯カメラの必要性を高めています。

弊社は、名古屋防犯カメラセンターを中心とする中部地域(最近では福井県も含みます。)、横浜防犯カメラセンターを中心とする関東地域、この2つの地域で防犯カメラの直販を行っておりますが、どちらの地域も老人ホームでの防犯カメラ設置件数が非常に増えており、高齢化社会の兆しを感じます。

老人ホームでは、こんなトラブルが多い

老人ホームでは、実際に入居者が行方不明になってしまうような本当のトラブルと、その運営に携わる部分で防犯カメラが必要なのと、2通りの意味で防犯カメラが必要です。

弊社で遭遇した老人ホームでの防犯カメラ設置の理由・トラブルは以下のとおりです。

  • 一般的な防犯・安全対策
  • 入居者の無断外出
  • 従業員同士の窃盗
  • 入居者の居室内での窃盗
  • パワハラ・セクハラ
  • 駐車場内でのトラブル
  • 入居者同士での絶えないケンカ

更に特殊な理由も時々ありますが、多くはこのようなトラブルです。

実際の老人ホームでの防犯カメラ設置工事事例

岡崎市の老人ホーム

https://www.trinity4e.com/examples/exa-care01.html

愛知県岡崎市の老人ホーム防犯カメラを設置させていただきました。こちらのお客様は老人ホーム(特定介護施設)を愛知県内に3拠点運営しております。

オーナーの本社パソコンで3拠点の防犯カメラ映像を1つのパソコンの画面(防犯カメラ遠隔監視ソフト)で管理できるように設定させていただきました。

座間市の老人ホームに防犯カメラ取付工事

https://www.yokohama-trinity.com/example/zama/zama-01.html

座間市の老人ホームより、新しくオープンする老人ホームに防犯カメラを設置してほしいとお電話をいただきました。この老人ホームは、別の建物の防犯カメラ設置でお仕事をいただき、それ以来、数件の防犯カメラ工事をいただいております。

介護施設・老人ホームからいただく、ご相談の中で多いのは利用者の方の無断外出で、簡単に外出できないよう施設が作られている事も多く、たとえ施設内にいたとしてもどこにいるかわからない、と行方不明になることもあるようです。

防犯カメラで、建物内部、外部の死角を無くし、業務をスムーズに行えるようお手伝いさせてもらいました。

調布市の老人ホームに防犯カメラを設置

https://www.yokohama-trinity.com/example/chofu/chofu-1.html

調布市にある、老人ホームを経営する企業から防犯カメラの見積もりがほしいとお電話をいただきました。
3社から見積もりを取りますよ、とわざわざ事前におっしゃってくださり私どもとしても気合が入ります。
お伺いすると2台だけカメラがついており、ネットで買って自分たちで設置したけど、すぐに壊れて今は使ってないとのこと。
今回はその場所にも新たな防犯カメラを入れます。
競合他社の相見積もりの条件がなかなかそろわず、2度3度とお見積もりを提出、最終的に弊社がダントツに安かったと気に入っていただきました。
以前、ネットで防犯カメラを購入して失敗した経験から、まともなカメラをまともな業者にお願い仕様と決めてたとのこと。ありがとうございます。
最終的にはフルメンテナンスのレンタルでご契約をいただきました。

老人ホームでのレンタル防犯カメラサービス

https://www.yokohama-trinity.com/security-service/rental/nursing-facility.html

防犯カメラはレンタルで借りることも可能です。

老人ホームでは防犯カメラに補助金・助成金が出る場合も

最近では、老人ホームや介護施設が防犯カメラを設置する場合、行政から補助金や助成金が降りる場合があります。この補助金制度も平成28年(2016年)相模原市にある障害者施設で起きた事件後、増え始めたのでまだまだ最近のことかと思います。

せっかくの補助金ですから防犯カメラの設置工事前に一度調べ他方がいいでしょう。