名古屋防犯カメラセンター

韓国での火災事故


韓国で起きた射撃場の火災事故の件ですが、防犯カメラが壊れていて、肝心の火災原因の特定が難航しているそうです。
防犯カメラというと、みなさん設置をされるまでは熱心に検討をされる様ですが、実際運用を開始してからとなるととかく無関心になりがちで、某ショッピングモールでも防犯カメラの映像を記録するためのハードディスクが壊れている状態でテナントに強盗が入ってしまい、映像が残せていないというような事態が起きていました
やはり、きちんとした設備の導入もさることながら、その後の保守、運用も考えていきたいものですね。