名古屋防犯カメラセンター

商店街の防犯カメラシステム


名古屋防犯カメラセンターではこの東海三県内の多くの商店街に防犯カメラを設置してきました。
商店街に防犯カメラを設置する場合の注意点は4つあります。
● 設置位置
防犯カメラの設置位置が広範囲に及ぶのでどこに設置したらよいかと迷ってしまう場合があります。選定には、交通量、駅からの人の流れを加味し、もっとも効果の高い方法を選ぶ必要があります。これは私達防犯カメラのプロにとってある程度の予測はできても実際にそこでご商売をされている方、済んでいる方には負けてしまいます。しっかりと打合せを行ない、カメラ取付位置を選定する必要があります。
● 運用方法
防犯カメラを設置するとその後の運用が気になります。得に商店街によく設置するSDカード録画タイプはSDカードの寿命が短いため、定期的に点検、メンテナンスが必要です。また、多くのSDカード型防犯カメラは、スタンドアロンで動くため、ワザワザそのカメラが設置されている電柱に登らなくてはなりません。
名古屋防犯カメラセンターでは、防犯カメラ設置後の運用面も考えて最初にご提案させて頂きます。
● 助成金取得
商店街の多くは助成金を使って防犯カメラを導入しています。私達は、多くの商店街に防犯カメラを設置してきました。商工会議所や私達のような業者をうまく使って施行することが助成金を最大限活用する方法につながります。是非ご相談を。
● 電柱にカメラを取り付けるための申請
この地域の電柱の多くはNTT若しくは中部電力の所有物です。これらの電柱に防犯カメラを取り付けるためには申請が必要になります。
私達はこれらの申請も一緒に行いますのでご安心ください。
このように、企業やマンションに防犯カメラを設置するのとは大きく違った手続きが必要になることが多く、商店街の役員さんもお困りになってらっしゃる事とが多いのです。
私達のお仕事でお手伝いできることがあれば是非ご相談ください。