名古屋防犯カメラセンター

豊橋市の防犯カメラ助成金


豊橋市で防犯カメラの設置費用補助金が開始されています。
この補助金は豊橋市内の校区自治会、町自治会、あと商店街振興組合、事業協同組合(これらに準ずる団体)となっています。
また、その補助金の補助率は5分の4となっており、上限が1団体に付き50万円となっているようです。
ということは、マックスで625000円の費用がかかった場合、50万円の補助金が支給されるといった内容です。
名古屋防犯カメラセンターでは、様々な地域の補助金、助成金を使って様々な場所に防犯カメラを設置してきました。
防犯カメラの補助金は市や庁によって支給のされ方が大きく違います。どの補助金を使うかによって補助される側の負担が大きく違ってきます。
維持費や管理費が支給されない補助金もあれば、機器代金のみ支給されて工事代金は支給されない場合もあります。
豊橋市の場合は、工事費も支給されるようです。他の地域の補助金と比べてみても補助額は高い水準になっていると思われます。
この機会に、多くの商店街、自治体に防犯カメラを納めている名古屋防犯カメラセンターに是非ご相談ください。
豊橋市では税務署など多くの施設に防犯カメラを納品しております。