名古屋防犯カメラセンター

セコム警備員 居酒屋から現金盗み防犯カメラに写り逮捕


防犯カメラを専門で販売している弊社のお客様には、オフィスやお店にセキュリティ(警備会社)と防犯カメラを設置する場合、それらは別々の業者に発注した方がよいというお話をさせてもらっています。
警備会社が泥棒に入った今回のケースは珍しいとしても、2つのセキュリティを分けることによりセキュリティ性はさらに高まります。
また、セキュリティの作動から何分後に警備員が駆けつけたか、と言ったこともわかるので非常に便利です。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
セコム警備員「ほふく前進」でも防犯カメラには… 居酒屋から現金盗み逮捕
産経新聞 5月27日(日)18時7分配信分から転載
閉店後の居酒屋に侵入し、レジから現金約21万円を盗んだとして、京都府警中京署は26日夜、窃盗と建造物侵入の疑いで京都市左京区静市野中町、警備保障会社セコム社員、黒河亮介容疑者(31)を逮捕した。「小遣い欲しさにやった」と容疑を認めている。
同署によると、黒河容疑者は警備員として以前、この居酒屋を担当。センサーが作動しないよう、ほふく前進をするように店内を4~5メートル移動している姿が防犯カメラに映っていた。
逮捕容疑は26日午前1時から午前10時ごろまでの間、京都市中京区の居酒屋の入り口ドアをこじ開けて侵入し、レジから現金約21万円を盗んだとしている。
同署によると、防犯カメラの映像を見た上司が黒河容疑者を問いつめたところ、犯行を認めたため、26日午後10時40分ごろ、上司に付き添われて出頭してきたという。