名古屋防犯カメラセンター

性犯罪被害防止を!防犯教室 愛知県内の高校にて


女子高生に対話形式で性犯罪被害抑止を呼び掛ける防犯教室が17日、愛知県長久手町の栄徳高校であり、1年生129人が参加した。愛知県内初の試み。愛知県警生活安全部子ども・女性被害防止対策室の女性警察官11人が講師となり、各クラスで1人ずつ講義した。
「もしわいせつ事案の被害者になってしまったら」「被害にあわないためには」など4つのテーマに沿って進行。講師が生徒に意見を求めたり、質問を投げかけたりして考えさせながら、注意点を語った。被害女性の体験談が紹介されると、涙ぐむ生徒もいた。
生徒は「自分は関係ないと思っていたが体験談を聞いて意識が変わった。防犯ブザーを買おうと思う」などと話していた。
(2011年1月18日中日新聞より引用)