名古屋防犯カメラセンター

防犯カメラは抑止力が大切です。


防犯カメラを設置する意味は大きく分けて2つあります。
まずひとつは何か異常な事態が起きたときに映像を確認しその原因やその後の犯人の割り出しに映像を使う事です。
そしてもう一つは防犯カメラが設置してあるという事で抑止力を高めるというモノです。
今回は、防犯カメラを設置する際に抑止力を高める方法をおはなしします。
まず、泥棒は犯行に及ぶ前に必ず下見をすると言われています。日中、住宅街やオフィス街をぐるぐると回って、泥棒に入りやすい家や会社はないかと探し回るのです。
当然、防犯カメラの有る無しも『泥棒に入りやすいか入りにくいか』の基準となるでしょう。
これらの事を踏まえて、防犯カメラの設置位置を決めましょう。
複数台設置する場合でも必ず1~2台は敷地の外や車道からよく見える場所に設置する事です。
それが出来なければ、大きな看板などで防犯カメラを意識させるような表示を見える場所に設置します。
今回、安城市防犯カメラ補助金により防犯カメラを設置させて頂いた駐車場には下記の写真の表示を設置させて頂きました。


このような形で、管理団体やビル管理会社の名前の入ったサインを防犯カメラを設置させて頂いた駐車場やマンション、会社などに設置し抑止力を高める努力をしております。