名古屋防犯カメラセンター

イモビライザー解除器具300個が転売


自動車のイモビライザー(防犯用電子式ロック装置)を解除する器具「イモビカッター」を販売し、自動車盗グループの盗みを手助けしたとして、愛知県警は26日、京都市在住の電子機器販売業の男(60)を窃盗幇助(ほうじょ)などの疑いで逮捕した。捜査関係者が明らかにした。 サイトでは、クラウンやセルシオなど適応車種を示し、数十秒でロック解除ができるとうたっていたという。県警のこれまでの説明によると、グループはカッターを使い、セルシオやクラウン、ハリアーなどトヨタのイモビライザー装着車ばかり36台(総額1億1千万円相当)の盗みに関与していたとされる。 カッターは、中国からインターネットを通じて1個数千円で買った。これまでに約300個転売した」と説明しているという。 (asahi.comより抜粋) カーセキュリティもいたちごっこでセキュリティの解除器具が開発されています。自宅駐車場においてあるからといって安心できない世の中になっています。被害に遭わない為にも、駐車場の防犯カメラやセンサーなどで不審者の監視を怠らないようにしましょう。