名古屋防犯カメラセンター

メガピクセルカメラ


一般的な防犯カメラはと言うと実際に現在最も多く販売されているカメラで画素数が41万画素程度のものです。

皆さんが一般的に手にする1200万画素や1500万画素のデジカメと比較して画素数が違うことにびっくりされるでしょう。

デジカメと違うことは静止画ではなく動画(一般的には静止画の連続)ですので情報量が非常に大きくなります。よってデジカメに入れる記録媒体のSDカードやコンパクトフラッシュでは対応しきれないのです。

そんな中でメガピクセルカメラと言うのがここ2年ぐらいで多く(と言ってもまだまだ一部ですが)販売されるようになりました。

皆さんは何万画素だと思いますか?

メガピクセルといっても実際に販売されているものは130万画素ほどのものです。

ただそのカメラで撮影されたものを従来のカメラで撮影されたものと比べると大きな差を確認することが出来ます。

顔の輪郭や目、鼻、口が従来よりもシャープに記録でき、証拠能力が格段と上がってきていることに気づくことが出来るでしょう。

映像は飛躍的によくなりますが、費用の面も。。。

一度、防犯カメラを見直す場合は担当の営業マンにメガピクセルカメラのお見積もり希望とお伝えください。